フラット35の特典

住宅を購入する場合には、殆どの人がローンを組むでしょう。
現金で買えるって言う人は殆どいないのが現状ですね。
景気の低迷などで、ローンの支払いもできない人も中にはいるのも現状です。
私がお勧めするのは、フラット35への借り換えです。
フラット35って、ご存知でない人もいるでしょう。
フラット35っていうのは、住宅金融公庫が証券化により金融市場で調達した長期資金を民間金融機関に供給し、住宅購入者へ長期固定金利で融資金を提供する形態の住宅ローンとして誕生したものです。
お勧めは、住宅金融公庫の一般住宅融資では80%だった融資枠が拡大し、機構買取型では建設費と購入価格の90%あるいは、最高8000万円まで、機構保証型では最大100%まで融資ができることです。
お勧めポイントは、金利が長期固定していること、返済期間が最長35年であり長期固定金利を使えるので金利の変動に一喜一憂せずにすみ、また返済の計画が立てやすくなります、保証料不要で、登録免許税もかからず、また繰り上げ返済の手数料も無料となっているなどローンにかかる諸費用を他のローンより軽減できること、繰上返済手数料が不要、適合条件を満たせば借り換え利用、別荘の購入も可能で、さらに財形住宅融資などの機構直接融資や民間金融機関の住宅ローンなどとの併用が可能だということです。
フラット35っていっても色々種類があります。
フラット35は各金融機関を通して借り入れることになっているので金利は金融機関ごとに異なり一律ではありません。
ただ利点としてはネットで審査ができて融資まで来店不要なので良いシステムのところもあります。
フラット35を利用するにあたって、取扱金融機関から借入申込書を取り寄せて記入しますが、これは年収の2年分を記入することになっていますので、安定した収入がある人向きですが住宅ローンを組もうと考えている人は、返せるめどのある人が殆どだと思われます。
住宅ローンで考えている方には、お勧めのプランだと思います。
大抵の人は住宅ローンは、初めてだと思います、他で借りられている人でも借り換えができるって言うのが、フラット35の良い点でしょう。
色んな金融期間がしているので、とりあえずは、ローンセンターにでも問い合わせをして比較検討されてみられてはいかがでしょう。
お勧めしているのは、金利の変動がない点、80歳までに返済ができればいい点、親子で支払う場合には、子供が80歳になるまでに支払いが完了できる年齢であれば可能だと言う点です。
現在住宅ローンでお悩みの方は、フラット35への借り換えをお勧めします。

おすすめのフラット35・住宅ローン

新生銀行新生銀行パワースマート住宅ローン
  • 保証料・団体信用生命保険料0円で諸費用が安い
  • 事務取扱手数料一律5万円
  • 新生プラチナサービスがお得

www.shinseibank.com

楽天銀行楽天銀行フラット35
  • 融資事務手数料は借入額の1.365%
  • フラット35で最低水準の金利を達成
  • 宅点銀行独自のつなぎ融資あり

www.rakuten-bank.co.jp