住宅ローンの審査に落ちたときにはどうすればいい?

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメやお得かどうかなど一切何も言われません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、どちらの金利を選んでも審査に落ちるか通りやすいかその結果が変わってくる。

といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

ゆくゆくは自分の両親と一緒に住みたいと考えている方に、知らないと損をするかもしれない住宅ローン審査通りやすい金融機関のご紹介です。

一般的には、借入れをする場合の年齢制限があり年配の方であれば、普通は申請は出来ません。

ですが親子リレー返済という後継者がいる方の申請であれば、70歳以上の方でも申込みする事が出来るのです。

なぜ可能かと言うと、申請した二人が同時に返すのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

ローンの悩みを抱え込みがちですが、こういった方法もありますよ。

自分の家を買うとき、だれでも最初に考える事は資金繰りの事ではないでしょうか。

全体的に、金利がお得・審査に落ちやすい等、自分の望む条件を満たした銀行から借り入れする住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。

申請者は、一番稼ぎがある人でないといけません。

支払期間は非常に長いので銀行側も申請者に何かあった場合の保険として団体信用生命保険の申請も同時にしなければなりません。

談背印生命保険とは万が一のことがあって支払が出来なくなった時借金がなくなる。

という事で、残された家族にもありがたい保険です。

『小さくてもいいから自分の家がほしい!!』と思う方は多いと思います。

とはいえ、家は高額な買い物です。

『キャッシュですぐに支払いできます!』という様なことはまず難しいでしょう。

それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?一番いい方法は審査が通りやすい銀行・信用金庫で借り入れする事です。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、担当者に全て任せる。

という方法もあります。

これから、ローンを組んで住宅を購入する予定の方はまず完済までに何年の返済期間で申込むのか考えましょう。

大抵の場合、ある一定期間で住宅ローン審査が通りやすい銀行金融機関などに申込みをするのが普通ですが実際にこの期間までかかる方は少ないってご存知ですか?たいていの場合は、出来るだけ早く返済出来るようにしています。

思わぬ臨時収入が入った場合に、まとめて返したい時はまとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、長く続けられるように計画を見直しましょう。

住宅ローン審査が通りやすい銀行や信用金庫の比較もしっかり行ってくださいね!迷った時は評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。

住宅ローンは審査に通るか、通りやすいかばかりを気にしがちですが、返済は30年以上の長い期間を通して返済していくものですから、フラット35のように最初から最後まで金利が変わらない住宅ローンは安心ですよね。

フラット35は、最長35年間借入れ金利がが変わらないというのが最大のメリット。

このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがフラット35のローン審査基準は一般の住宅ローンと基準が異なります。住宅ローン審査に落ちたときはどうすればいいでしょうか?

参考:住宅ローン審査に落ちた人はどうすればいい?【審査通らない理由は?】

ですが、フラット35の審査は年収の基準が少し違う点もありまた、それに加えフラット35の審査独自の特徴として他のローン審査と違う点は、『住宅価値重視!!』というポイントなのです。

これは、価値がある住宅ですと審査通ることが多い、つまり通りやすいし、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

住宅ローンを組むときは、まず銀行の審査に通る必要があります。

住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

審査に落ちたかどうかという結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

審査が通りやすい銀行であったとしても審査に落ちる限り住宅ローンを組むことはできないのです審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

そして気になるのが『諸費用』!こちらは借りる額によって人それぞれなんですよね。

でも事前に銀行側から支持があるので心配いりません。

だいたい、数十万単位~数百万単位の金額が一般的の様です。

住宅購入の際に絶対に必要になるのが住宅ローンです。

受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。

ローン申請の際は、収入や勤務状態などの証明する資料をあらかじめ準備しておく必要があるのです。

やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

なので、審査に落ちることもあり住宅ローン申込をすれば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

「落ちた」「落ちた」・・という方もたくさんいらっしゃいます。

指標となるべきよく見られる基準として、年収で審査に落ちた場合は300万以上・勤続3年以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

 

住宅ローンの審査に落ちないための方法は?

仮に住宅ローン審査に落ちやすい信用金庫などでローン借入をしてから返金している最中に、失業したら今後の返済プランはどうなってしまうのでしょうか。

このような場合に備えて、考えておくと安心です。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのか理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなので改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので今、自分が何をすべきなのか冷静に考えて行動しましょう。

近い将来、住宅ローンを組んで家を新築される方は銀行に支払う手数料がいくらかかるのかしっかり把握しておく必要があります。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

広告に書いてある金利が安いからとか住宅ローン審査が厳しいからといって選んでしまうと、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、実は高くて損をしてしまったということも。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるか全てシミュレーションで計算してから考えてみるべきなのです。

落とし穴の例でしうと金利の安い銀行や手数料が無料の銀行では意外なところで費用がかかることもありますからね・・。

住宅ローン審査って通りやすいもの?家を建てるならローン契約する人が大半でしょうが、つなぎ融資という言葉を聞いた事はありますか。

簡単にいうと、審査通ったあとローンが始まるまでの期間で不足しているお金を間に合わせるために、利用する単発的なローンです。

通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるためそれまでの工事費などは、こうした所から借りるのです。

但し、こちらの借入れの場合利息がとても高いので少しでも早く、本命のローンを組む必要があります。

まずは信用できる銀行を探ましょう。

そしてしっかりと内容を確認した上で納得のいくプランを選べるように準備しするようにしましょうね。

これから住宅ローン審査が通りやすい銀行を組む方も、既に申し込んでいる方もどんな方も住宅ローン審査が通りやすい銀行や低金利情報を知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る減税の方法を教えます。

1年間で30万円ほどの減税になるかもしれないので、今すぐ住宅ローン減税の確定申告が可能か問い合わせをしたらいいと思います。

条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、それから、住んでいる家を改装した方が対象になります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

他にも細かい住宅ローン控除の条件があるので、確認しながら今より減税されるとこれからずっと楽になるでしょう。

自分の家を買う時に現金払いができるこの様なパターンは、あまり多くありません。

多くの方は銀行等から審査に落ちやすいとか金利が低い等、希望する住宅ローンを借金するのが普通だと思います。

支払に関して、何に一番気を使うか?尋ねるとなんといっても、ローンの返済をやりくりするのが大変と思われる方が多いです。

住宅ローンは長期にわたって返済をし続けなければいけません。

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますしさらに、人生には突発的なアクシデントもあり得ますからローンの返済途中でけがをするかもしれませんし、病気にかかるかもしれません。

そのため、慎重に考えてから住宅ローンの申し込みをしてください。

住宅ローンを借りるときには頭金が必要ってご存知でしたか。

頭金が無くても家を購入出来る!という広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなってしまうんですよね。

更に審査もきびしくなります。

少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり頭金を最初に用意しておくのが審査に落ちやすい点においても良いでしょう。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を購入すると書費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンです。

しかし、住宅についてお調べになっている人はご存知かと思いますが、絶対押さえておくべき注意点もございます。

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

住宅ローン審査に落ちやすい金融機関で契約できたとしても更に改装して綺麗にしたいという場合には、そのお金も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。