フラット35への借り換えを考える|フラット35借り換え

フラット35への借り換えを考える

住宅ローンを組んでいる方なら、
フラット35という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか?
フラット35というのは、
借り入れしている間に返済する金額が
ずっと一定のローンです。
変動金利などと違って、金利の上昇などの
返済額アップのリスクを避けたい人などが、
利用していることが多いですよね。
そんなフラット35。
以前は、今現在使っているローンから、
フラット35への借り換えを行うことは出来なかったのですが、
最近は、きちんとフラット35に借り換える
システムが出来たので、興味のある方は
是非一度検討してみてはいかがですか?
さて、
仮にフラット35への借り換えを行う。
と決めたとして、
その時に、忘れないでいて欲しいのが、
ある程度の手数料などの費用がかかってくると言う事です。
大きなもので挙げると、
今現在借り入れをしている住宅ローンを
一括返済することになりますので、その手数料や、
細かい所を挙げると、印紙税などですかね。
その辺りも事前にしっかりと、
確認しておく事が大切です。
また、借り換えを行うにあたって、
本当にお得かどうかも考えなければいけません。
私が確認したポイントは、
今現在のローンの残高が1000万円以上あること。
と、ローンの残りの返済期間が10年以上あること。
そして、現在借り入れしている住宅ローンの金利より
新しく借り入れを行うフラット35の金利が
1パーセント以上低い事。
などがポイントなんだそうです。
このあたりも、しっかりと
確認して、よりお得に借り換え出来るように
していきたいですよね。
金融機関などによっても
それぞれ、金利や借り換え方法など、
色々代わってくるとは、思いますので、
様々な所を比較検討してみてはいかがでしょうか?
フラット35というのは、
私個人の感想ですが、一生分の安心を
約束されている。
というイメージです。
金利が上がる恐怖におびえる事なく暮らせますからね。
まぁ、これはあくまでも私個人の意見なので、
あまり参考にしなくても良いのですが、
個人個人で、しっかりと、
フラット35のメリットやデメリットを把握しておきましょう。
全てのものにはデメリットというものがあります。
このデメリットは一体なんであるかを、
知っているか、知らないか。
では、物事を判断する際の失敗や、後悔にかなり差が出てきますので、
誰かに言われるがまま、行動するのではなくて、
自分自身で知識をみにつけることも大切ですよ。
その上で、専門の方の意見を聞くと
更に納得のいく結果を得る事が出来るのです。

フラット35借り換えの諸費用について
フラット35に借り換える際にももちろん諸費用はかかります。フラット35借り換えの諸費用がいくらかかるのかここで分析していきましょう。住宅ローン借り換え費用についての勉強はここがおすすめです。