フラット35とは何か

フラット35に借り換えを希望する方は多くいると思います。
なぜならフラット35は非常に分かりやすいシステムだからです。
現代社会の商品は非常に分かりにくいものばかりです。
そのためせっかくいい商品でも、説明が分かりにくいために使われないことがしばしばです。
例えば仮に一生安心できる収入を得ることが出来るプログラムを開発したとします。
このプログラムを売るときにはどのような名前と説明をつければ商品として取り扱ってもらえるだろうかを、扱うほうの視点で考えなかければなりません。
しかし、大抵の業者は難しい言葉をつけてしまうのです。
恐らくプログラムを少しでも美化したいという気持ちが出てしまっているのでしょう。
さてこのフラット35とはなんでしょうか。
蓋を開け説明を見てみると、固定金利で35年間払うと言うことです。
最長が35年になっているために20年でも30年でもそれはかまわないと言うことです。
フラットは平らと言う意味を持ちます。
35は35年と言う意味です。
しかし、これは説明を受けなければやはり分からないというのが実情です。
作り手からしたら大満足のネーミングだと思います。
またその説明を受けた人には、「なるほど」と思ってもらえる可能性が比較的高いネーミングです。
しかし、住宅自体に興味が無かったり、その目的をもっていなかったりする人には。
「何だろうか?」「難しそうだから、理解しづらそうだから」と言う理由で拒まれてしまうかもしれません。
このように顧客の目からして分かりやすい言葉を短く、作るのは大変です。
「うまい」「やすい」「はやい」と言う3文字に私たちの感覚はなれて来てしまいました。
そのため、それと同じように名前をつけなければならないのです。
そのため、場合によっては「35年間の固定金利」と言う名目の方が分かりやすかったりしてしまうのです。
情報社会では人々の頭が混乱しています。
生きているのか、生きていないのかと戸惑う中で働いている人もいます。
基準がだんだんとそのようにシフトしていってしまってします。
そのためそのような人たちから見ても一瞬で「利」を得うるような情報と、ネーミングを考えてあげることが、企業の役割です。
以前はお金儲け主義が最前線で走っていましたが、今の社会でお金を失ったら生きていけません。
国の保護に頼ることになります。
1人1人が自立していくためにも倫理観をもって、商品を売っていかなければならないのです。

フラット35オススメサイト集

フラット35審査甘い銀行は?年収基準!【自営業落ちた理由】
自営業の方でもフラット35審査は甘いのでしょうか?住宅ローンを借りたいと考えたとき人気が高いフラット35の審査についてしっかりと調べてあります。
www.jutakuloan35.com/