金利差が大きく、残り期間が多い人ほどフラット35で借り換えを!

家を買うのは大きな買い物なので、長期で住宅ローンを
組むのが当たり前のようになっています。
よくテレビで見る
売れっ子のタレントさんですらそうなので、一般のサラリーマンの
方の場合、尚更でしょう。
考えてみれば、手元に数千万円という
現金が無いのに、それだけの買い物が出来て、暮らしながら返してゆく
事が出来るのですから、ある意味効率のいい方法だと言えます。
ただ、問題は利息ですよね。
期間が長くなればなるほど、
支払う金額も長くなります。
そう考えると、同じ家で暮らしていて、
全く同じ条件で、その金利差に大きな差が出ると馬鹿馬鹿しいですよね。
まるで、全く同じものを高く買ったときのような悔しさがあります。
大根がこちらのスーパーの方が10円安かったみたいなケースですら
腹が立つのに、それが数千万円レベルの家で起こるとなるとかなり
辛いですよね。
こんな感じで、長期で住宅ローンを組んでいる、そして金利が
高いと感じているあなたは、今すぐにでもフラット35で借り換え
をするべきです。
なぜなら、金利差が高く、残高が多ければ
借り換え時に発生する手数料などのコストを相殺できる可能性が
高くなるからです。
もちろん、フラット35はメジャーな商品ですし、
シュミレーションツールも充実している上に、ちゃんとアドバイスも
してもらえるので安心です。
大体の目安も分からずに、行動を起こすせっかちな方がいると
いけないので、具体的に書いておくと、私がシュミレーションした
感じでは、住宅ローンの残高が1000万円以上あり、残存期間が
10年以上くらいは欲しいですね。
この条件で、金利差が1パーセント以上
あれば、お得になるはずです。
この金利差は、結構ありそうですよね。
金融機関のサービスの問題ではなく、利息の相場が日本という国の単位で
どんどん変わって行っているわけですからね。
そこから考えると、期間や
金額はともかく、1パーセントをクリア出来る人は多そうです。
ちなみに、フラット35のサービスは、色々な銀行やグループが
用意しています。
ですから、どこを選ぶのかもよく吟味した方が
いいでしょう。
もちろん、イチから金融の知識を学び、せっせと
シュミレーションしてご自身で選ぶのもアリですが、コンサルタントを
利用すると言う方法もあります。
無料で利用できるので使わないと
損ですよね。
各銀行に相談すると、当然、自行の商品しか紹介されませんので
注意が必要です。
知識やサポートという武器を身に付けて、
ベストな住宅ローンを選んでくださいね。

フラット35金利のおすすめは?

フラット35金利一覧!2017年3月の最安金利は?【銀行比較】
フラット35をどこでいいのかお悩みの方必見!金利一覧で比較して今一番おすすめの銀行をご案内します!フラット35住宅ローン選びで損したくない方は必ず見るべきです!!
xn--35-9i4aua7d9fs40x1owg.skr.jp/